サンドラ・ブロックが出品した靴が1000万円以上で落札!

サンドラ・ブロックが出品した「怪盗グルー」シリーズでおなじみのミニオンをテーマにした靴がなんと8万4850ドル(約1047万円)で落札された。ルパート・サンダーソンが手掛け、自身によるサイン入りの10足の靴をオークションに出品したサンドラは、ロサンゼルスのレイマート・パークにある孤児や里子の教育を支援するチャリティ団体「アート+プラクティス」のために4万2425ドル(約520万円)の資金を集め、さらに同額を自ら支払って倍額の8万4850ドルとした。サンドラはPeople.comに「真に何かを返してきてくれて、コミュニティを大事にする人々がいるのであれば、そのお返しに支援を提供し彼らを大切にすることが私達の義務だと思うの」と話す。

自身もスカーレット・オーバーキルの声で出演している映画『ミニオンズ』のプレミア試写会が先日ロンドンで行われた際に、サンドラはもともと1足800ドル(約9万9000円)であるというその靴を履いてレッドカーペットならぬイエローカーペットに登場していた。その靴に合わせてサンドラは胸の部分に黄色のラインが入ったマキシ丈の黒のロングドレスにサングラスをかけ、ミニオンの着ぐるみたちとポーズを決めていた。

これらの靴をオークションに出品すると発表していた際には、サンドラは「全ての収益はロスを拠点とする非営利団体アート+プラクティスに寄付します」と宣言していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop