スーザン・サランドン、『テルマ・アンド・ルイーズ』同窓会ツアーを計画中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーザン・サランドンが『テルマ&ルイーズ』同窓会ツアーを計画しているという。1991年に発表されたリドリー・スコット監督のロードトリップ映画『テルマ&ルイーズ』が公開25周年を迎えるにあたり、スーザンやジーナ・デイヴィス、ブラッド・ピットらを含む共演者たちは同窓会ツアーを行おうと話し合いを行っているところだそうだ。スーザンは「私たちは同窓会ツアーとかそういったものをやろうって話しているところなのよ。トロントにある素敵な劇場で数年前にこの作品を見たんだけど本当に素晴らしかったわ。リドリーは私たち出演者をとても壮大な眺望に映し出していたのよ。ただただ見事な映画だった。リドリーに賞賛を与えなくてはいけないわね」と話す。

さらにスーザンは先日アリアナ・グランデがお店で売り物のドーナツを舐めているビデオが公開されて謝罪するに至ったことについても触れ、謝罪の中でアリアナが指摘した食品業界への意見は的を得ていたとVulture.comのインタビューにこう続けていた。「アリアナは十分プロフェッショナルな対応をしたと思うわ。彼女のお母様は偉大な人ね。アリアナの言っていたことは的を得ていたしね」「遺伝子組み換え作物の影響について勉強することに力を注ぐだけで、もっとあなたを健康にすることができるはずよ。ドーナッツを舐めるよりもね。みんなアリアナに怒りをぶつけるんじゃなくて、持続可能な農業会社と謳っているモンサント社がやっていることに対して怒りをぶつけるべき」「アリアナは賢くて素晴らしくて、才能あふれる女性よ。みんなが彼女にやっていることは馬鹿げているわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop