ドーナル・グリーソン、新作『スター・ウォーズ』でハックス将軍役に

ドーナル・グリーソンが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でハックス将軍役を演じることになった。サンディエゴで行われたコミコンの会場で『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』の主役でお馴染みのドーナルは、自身が務める役について多くは明かさなかったものの「悪魔のような人だよ。イギリス人だしね」と悪い男を演じることや、ハックス将軍が「スターキラー・ベース」と呼ばれるファースト・オーダーの基地の指揮を務めることを話した。

その一方で同作への出演が発表されたサイモン・ペッグもその喜びを「僕の人生はこの瞬間のためにあったようなもんだよ。今僕は天国にいる気分さ」「『スター・ウォーズ』だよ。僕は『スター・ウォーズ』を切望していたんだ」と語っている。自らを『スター・ウォーズ』狂信者と認めるサイモンだが、その一方で以前には「『スター・ウォーズ』に僕の顔が出てきたらみんながハッとするんじゃないかなと思ってさ。僕は『スター・ウォーズ』が大好きなんだけど、観客たちが観に行ったときに『げ、サイモン・ペッグが出てるじゃん』って思われたくないんだよ」と同シリーズに自ら出演するということを懸念していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop