テイラー・スウィフト、セット故障でステージに立ち往生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テイラー・スウィフトが13日(月)のステージで立ち往生するハプニングに見舞われたようだ。現在敢行中のワールドツアーのワシントンD.C.公演をナショナルズ・パークで行っていたテイラーだが、可動式のステージが突然故障したため、その場から動けなくなる事態となったという。その際テイラーは観客に「今私のイアホンにもしかして私はここから永遠に動けなくなるかもって連絡が入ったわ。これ壊れちゃったみたい」「どうやって雨をテーマにした歌を歌おうか考えていたところなんだけど、今日は雨が降ったわよね。あんまり笑い話じゃないわ。ショー全体の流れを組み直さないとね。大丈夫よ。なんとかなるわ。D.C.ではユニークなショーになるってことよ!」と状況を伝えた。

しかし、そんな状況にもめげることなくテイラーはプロ根性でその気まずい状態を切り抜け、「私はここにずっといることにするわ。飛び降りる以外には動きが取れないもの。でもその間『クリーン』っていう曲をみんなに歌うから、一緒に歌ってね」とパフォーマンスを続けた。

思わぬハプニングに見舞われたワシントン公演だが、幕開けではスペシャルゲストとしてロードが登場し、ヒット曲『ロイヤルズ』をテイラーと共に歌い上げていた。テイラーはこの「1989」ツアー中、数々のセレブの友人たちをステージに迎えており、これまでにはニック・ジョナスやカーラ・デルヴィーニュ、ジジ・ハディッドなども登場している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop