ボビー・クリスティーナ・ブラウンの容態に不安

ボビー・クリスティーナ・ブラウンが入院中のホスピス外に白いテントが設置されたことでその容態が心配されている。1月31日に自宅浴槽に顔をつけて意識を失った状態でいるのを発見されたホイットニー・ヒューストンの娘ボビー・クリスティーナは、意識不明の状態が続いているためピーチツリー・クリスチャン・ホスピスで治療を受けているところだが、このテントが建てられたことで息を引き取ったのではないかと心配する声が挙がっている。しかし15日(水)に同施設の受付係がRadarOnline.comに話したところでは、同施設に死亡者は出ていないという。

先日に親戚が入院中のボビー・クリスティーナの写真をメディアに流出させようとして以来、周囲には厳しい警戒態勢が敷かれている。ある関係者は当時、「ナースステーションでみんなバッグの中身をチェックされなければいけません」「ボビー・クリスティーナの見舞い客をちゃんとチェックするようにしていますので、誰もこっそり部屋に入ることはできません」とその状況を話していた。

また、ボビー・クリスティーナのおばであるレオラ・ブラウンは、その写真を撮影した人物がこの辛い状況下に金儲けをしようとする「悪魔」だとして、その正体を暴きだすつもりだとフェイスブックで強く批判していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop