クリス・ブラウン自宅への強盗犯人はクラブ・プロモーターか

クリス・ブラウンの自宅に入った強盗の首謀者がナイトクラブのプロモーターではないかと警察はみているようだ。15日未明にサンフェルナンド・バレーにあるクリスの自宅に強盗が入ったと伝えられていたが、警察当局はクリスがあるクラブで行ったライブの報酬として5万ドル(約620万円)を受け取ったことを知っている誰かが犯行に及んだとみているようだ。

TMZによると、その強盗団は事件当時に居合わせたクリスのおばに金庫がどこにあるかを聞き、その5万ドルが自宅に保管されているのを知っているような発言をしていたようだ。事件現場に居合わせていなかったクリスがここまで多額の現金を保管しているのは稀なことに加え、ほんの一部の人物のみがその現金の存在を知っていたことから、警察はあるプロモーターが容疑者だとふんだようだ。 

さらに、クリスのおばに銃を突きつけたというその実行犯たちはマスクを被って犯行に及んだために、身元はわかっていないものの、クリスとは知った仲でありクリスが事件時間帯にハリウッドのナイトクラブであるアーガイルにいたことも知っていたと先日明らかにされていた。

そんな中、今回の事件を受けてクリスの元パートナーである二ア・ガズマンは1歳を迎えたばかりのクリスとの娘ロイヤリティちゃんがいる場所としてクリスの自宅はもはや安全ではないと怯え、クリスが娘を守ることができるのか不安になっているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop