観光客減少の原因!?バルセロナ近郊でハトに避妊措置!

繁殖を防ぐためにハトが避妊措置を取られているという。スペイン、バルセロナ近郊のバディア・デル・ヴァレスの街では大量のハトに悩まされており、行政側はそのことが観光客減少につながっていると懸念しているという。

同市の広報によると、ハトは交配対との間に年間48匹もの卵を産むとされており、そのことが大幅な増減につながっているそうで、今回の避妊処置に踏み切ったようだ。同市は今回の措置により、この先4,5年間で80パーセントの減少を望んでいるそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop