リチャード・アーミティッジとキャリー=アン・モス、クロエ・グレース・モレッツの新作に参加

リチャード・アーミティッジとキャリー=アン・モスがクロエ・グレース・モレッツ主演作『ブレイン・オン・ファイアー』のキャストに加わった。「ホビット」シリーズと「マトリックス」シリーズでそれぞれおなじみのリチャードとキャリー=アンは、来年に公開が予定されているシャーリーズ・セロン製作による実話を元にしたこの作品で夫婦役を演じることになるようだ。

同作はニューヨーク・ポスト紙のジャーナリスト、スザンナ・カハランの回顧録『ブレイン・オン・ファイアー:マイ・マンス・オブ・マッドネス』の映画化となり、周囲から精神障害者か危険人物とみられてしまうような不明の病気に悩まされた作者の経験が語られることになるとザ・ハリウッド・リポーターは報じている。その中でリチャードとキャリー=アンはスザンナの両親、トム・カハランとローナ・ナック役を演じることが発表されており、クロエは不思議な声が聞こえたり、発作に悩まされるようになり、正気を失っていくスザンナ役を演じる。

ジェラード・バレットがバンクーバーでメガホンを取ることになっており、シャーリーズは自身の製作会社デンバー&ディリアを通じて製作を手掛ける。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop