ジョニー・マー、自伝執筆のために音楽活動を休止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・マーが自伝執筆のために音楽活動を休止するという。元ザ・スミスのメンバーとしても知られるジョニーは、2013年と2014年にかけてソロアルバム『ザ・メッセンジャー』と『プレイランド』のプロモーション活動のためツアーを行っている間にもこの自伝の執筆に取り組んでいたものの、2016年秋の出版にかけて本格的に執筆活動に取り組むため、休みが必要となったのだそうだ。「この本を完成させるためには落ち着いた時間を取ることが必要だとは常に感じていたよ」「バックステージでサウンドチェックが行われている時に執筆活動なんてできないよ」とジョニーは話す。

ジョニーはこの自伝で率直な気持ちを語るつもりだそうで、自身の話によって人から嫌われたくはないものの、文中で自分を美化するつもりはないとNMEに話している。「一番重要なことは、俺のやっていることを気に入ってくれている人達が全てを知った後でもまだ俺のことを好きでいてくれるってことなんだ」「俺は執筆を真剣に捉えているけど、面白い話にもしたいんだ。だってお高く留まったりおおげさにしたりはしたくないからね」

自伝のタイトルはまだ決めかねているというジョニーだが、「間違いなく『魅力的なマー』『最高だね』とかいったふざけたタイトルにはならないよ」「そういうヘッドラインはおかげさまで大人になってからの人生で常に目にしているからさ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop