オリヴィア・マン、『X-MEN:アポカリプス』の衣装のために潤滑剤を使用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリヴィア・マンは最新作『X-MEN:アポカリプス』でのぴったりした衣装を着るために潤滑剤が必要だったそうだ。このシリーズ最新作に超能力と忍術を操るミュータントであるサイロック役で出演しているオリヴィアだが、体のラインがはっきり出るその衣装を着るのが大変だったと明かしている。「スタッフが私に潤滑剤を塗ってからそのラッテクスの衣装に踏み込むの。ラテックスを着るにはありとあらゆることをやったわ...」「スタッフがまず衣装に潤滑剤を塗って、それから私にも塗って...女性2人がかりで私に潤滑剤を塗りたくったわ」

共演者であるマイケル・ファスベンダーやジェームズ・マカヴォイに会えたことに最初は興奮していたというオリヴィアだが、そのラテックスの衣装が原因でハプニングに襲われたため、すぐにそれどころではなくなってしまったのだとトーク番組の司会コナン・オブライエンに語っていた。「ラテックスのスーツを着た初日、現場で共演者たちと一緒にいることにすごく興奮していたの。マイケルにもジェームズにもみんなに会ったのよ。とにかく興奮していたわ」「それで『良い仕事をしなきゃ』って気になっていたのに、突然股の部分が破れちゃったの。ラテックスが破れたのよ」

オリヴィアがそんな苦労を経験しながら撮影に挑んだ『X-MEN:アポカリプス』は来年5月に公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop