ルイ・トムリンソン、生まれてくる子供の養育費は19億円相当!?

ルイ・トムリンソン(23)は今後生まれてくる子供に1000万ポンド(約19億円)ほど要すると言われている。スタイリストのブリアナ・ユングウィルトとの間の第1子が誕生予定のワン・ダイレクションのルイだが、ブリアナとの交際期間はわずか2週間ほどとはいえ、今後の子供が18歳になるまでの養育費として月2万ポンド(約388万円)を支払うことになりそうだという。ある関係者は「今回の件はちょっとの関係のはずが結局ルイに1000万ポンドもかかることになってしまう話なんです。でもルイはでもそうする責任があると分かっています」と説明する。

そんな大金を支払うことにはなるものの、ルイは第1子の誕生を心待ちにしているそうで、前述の関係者はサンデー・ミラー紙に「ルイはパパになるのが待ちきれないようです」と続けた。

一方でルイがわずか5歳の時に離婚している実父トロイ・オースティンも先日、孫の人生に関わりたいと名乗りを上げていた。イギリス国内でも遠方に住んでいたため、ルイが小さい頃にはほとんどその成長を目にすることがなかったというトロイだが「孫の人生には是非、関わりたいですね。ルイの成長は見逃してしまいましので、その分埋め合わせをしたいんです。間違いなく私たちの間にある亀裂を修復する時だと感じています。人生は短いですからね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop