エミリー・サンデー、アルバムリリースを延期

エミリー・サンデーがアデルの3作目となるアルバムと発売時期が重なることを避けて自身のアルバムリリースを遅らせた。エミリーはアデルの待望のニューアルバムによって自身の新作に注目が集まらないことを懸念し、9月に予定していたリリースを来年まで延期することにしたという。エミリーのプロデューサーであるノーティ・ボーイはザ・サン紙に「エミリーとアデルが競い合うわけにはいかないよ。誰もそんなことを望んでいないさ」「アデルのアルバムは9月に発売予定で、レコード会社側はそれが大ヒットになるって分かっているから完全にスケジュールを空けている状態さ」「だからエミリーのアルバムは来年になったんだ。すごい良い出来だよ」と説明している。

エミリーは実は本名がアデル・エミリー・サンデーであり、イギリス国内で700万枚近くのアルバムセールスを誇るアデルと変化をつけるために名前を変えてキャリアを始める必要があったと話していたこともあった。「彼女の名前はもうそこらじゅうに広まっていたから、私という人間を確立するために違う名前にする必要があったの」

一方でそんなアデルは待望のアルバム発表後、来年初旬にもアリーナ公演ツアーを企画しているところだと言われている。ある関係者は「アデルは9月のアルバム発売後にまた大規模なツアーを計画しています」「レコード会社側はもうすでに会場確保についてプロモーターと連絡を取っているところですが、今のところすべてが水面下で進行しています」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop