AC/DCのフィル・ラッドが再逮捕

AC/DCの元ドラマーであるフィル・ラッド(61)が自宅拘禁下での違反行為により再逮捕された。フィルは薬物所持および殺害脅迫の罪で8カ月の自宅拘禁判決を下されたわずか9日後となる18日(土)、飲酒によりその判決事項に違反したとしてニュージーランド内で逮捕された。フィルは今回の逮捕に置いて申し立てをしておらず、タウランガの法廷に弁護士が要求した8月3日に出廷する予定だとStuff.co.nzは報じている。

地区監察官の要求により、今後フィルは残りの刑罰期間中、同じ過ちが繰り返されないように抜き打ちの薬物およびアルコール検査を受けることになる。ルイ・ビドワ裁判官はフィルに保釈を認めたものの、また違反した場合には刑罰が変更されることになるとしている。

フィルは元スタッフへの殺害脅迫と自宅で発見されたマリファナおよびメタンフェタミン所持の罪で自宅拘禁の判決を下されていた。現在はAC/DCのメンバーからも外されており、年内に予定されているバンドのニュージーランドとオーストラリアでのツアーにも参加しないことになっている。

そしてAC/DCのアンガス・ヤングも最近の問題を受け、フィルがバンドに戻ってくることはできないだろうとコメントしていた。フィルがバンドに復帰することはあるかと尋ねられた際アンガスは「時間がかかるだろうね。今の時点ではアイツがすぐに戻ってくることは出来ないよ」「俺たちはこんなことになるとは思っていなかったからね。フィルはバンドを追い出されたことは前にもあるけど、その時にどんなことをしているかなんて分からないもんだろ。みんなワールドツアーに乗り気だったけど、フィルと連絡を取るのはすごく大変だったんだ。最後に俺たちがアイツを見たのは『ブラック・アイス』のツアー中だったんだけど、その時は普通に見えたからね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop