マイリー・サイラス、2015年度MTV・ビデオ・ミュージック・アワードの司会に

マイリー・サイラスが2015年度MTV・ビデオ・ミュージック・アワード(VMAs)の司会を務めることがわかった。マイリーはエイリアンに扮し「MTVは私にパフォーマンスをさせてくれないみたい。だから、今年はVMAsの司会を務めることになったの」と書かれたサインボードをクビからぶら下げている写真を公開することでこのニュースを発表した。このメッセージは2013年にきわどすぎると物議を醸すことになったロビン・シックとのパフォーマンスをネタにしたもののようだ。

その年のVMAsでテディベアのレオタード姿で行ったパフォーマンスで物議をかもしたマイリーは、以前には観客を驚かせようしていると自分でも認めていた。「自分が何をやっているのかわかっているわ。みんなを驚かせているのも知っている。あのテディベアの衣装を着てたとき、面白いって思ったのよ。昨日言っていたのだけど、アダルト・チャイルドのようにテディに執着があるの。ゆがんで、奇妙な何かを赤ちゃんがするのをみたとき、それに何かぞくぞくするような良さがある感じね」「だから、私があのテディベアの衣装を着ていたとき、ぞっとするようなセクシーなベビーのようなものだったの。でも、カンザスに住んでいるような人たちがショーを観てるってことを私は忘れていたの。そういう人たちは『アワードの番組ね!観て見ましょう』って子供と一緒にテレビを観ているのよね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop