バックストリート・ボーイズとイン・シンクが西部劇風ゾンビ映画でコラボ!?

バックストリート・ボーイズとイン・シンクが西部劇風ゾンビ映画でコラボすることになるようだ。1990年代ヒットチャートでライバル同士だったこの2つのボーイズバンドは、『シャークネード』などのホラー映画を得意とする製作会社とともに新たなホラー作品を作ることに正式に合意した。バックストリート・ボーイズのニック・カーターは「未来型の西部劇ゾンビホラー映画さ」「僕のキャラクター設定についてはまだ詳細が決まっていないけど、危機を救う手助けをする善玉のキャラクターだよ」とコメントしている。

ゾンビ反乱に立ち向かう銃を持ったバンドメンバーたちのストーリーを描く同映画の脚本と出演を兼任することが決まっているニックは、この作品に出演してもらうべく数々のミュージシャンたちにコンタクトを取っているとローリングストーン誌のインタビューに続ける。「僕が出演してもらいたいなと思っている人たちのリストがあるんだ」「音楽に関わっている人たちがいいなと思っていてね。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのジョーダン・ナイトに声をかけようかな」

その一方でイン・シンクのジョーイ・ファトーンはジャスティン・ティンバーレイクが同作に出演する可能性は少ないとしており「イン・シンクのメンバーでは今のところ僕だけだけど、今後どうなるかは分からないよ」「ニックの構想では1990年代から2000年代の音楽シーンにいた中であまり映画には出演していない人たちを出演させたいみたいなんだ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop