シャーリーズ・セロン、オバマ大統領をストリップクラブに誘っていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーリーズ・セロンがバラク・オバマ米大統領をストリップクラブに誘ってしまったそうだ。緊張すると「かなり不適切」な態度を取る傾向があるというシャーリーズは、オバマ大統領に面会した際、どうしていいか分からず「新たな人口動態」を研究するためにストリップクラブに行くことを提案してしまったのだそうだ。『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演したシャーリーズは「私って緊張するといつもかなり不適切な発言をしちゃう癖があるの」「変なトゥレット障害みたいなものね。だってどうやって止めたらいいか分からないんだもの。ざざーって感じで、言葉の下痢みたいだわ」と話した。

シャーリーズは大統領がジミーの番組のようなトーク番組に出演することで新たな観衆とつながりを持てると話した際に、他の方法としてストリップクラブを提案したのだそうだ。「一瞬間があって何て言っていいか分からなくて『じゃあ、もし異なる人口動態を探しているのでしたらストリップクラブにお連れしますよ』しか浮かばなかったの」

大統領はそんなシャーリーズを落ち着かせようと最善を尽くしてくれたそうだが、シャーリーズはその後数週間に渡ってその瞬間を何度も思い返さずにはいられなかったそうだ。「大統領は親切で面白い方だったわ。私が明らかに緊張しているって分かったみたいだけど、とにかく優しかったわね。でも私はその後4週間くらい眠れなかったわ。だって目を閉じるために『信じられない。あんなこと言っちゃった!なんてこと!なんであんなこと言ったの!』って思っちゃったんだもの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop