ニック・キャノン、過労で入院

ニック・キャノンが過労のため入院しているようだ。2012年に全身の臓器に原因不明の炎症が起こる全身性エステマトーデスと診断されていた『アメリカズ・ゴット・タレント』の司会者であるニックは、徹底的に仕事をしているがそのがんばりをきっとファンのみんなが認めてくれているはずだとコメントしている。

現在別居中の妻マライア・キャリーとの間に4歳の双子を持つニックは22日(水)、病院のベッドに横たわる写真を自身のインスタグラムに投稿に「心配しないで、一時的なお休みを取っているだけだから...。時々僕は頑固に前に突き進みすぎてしまうんだ。だから走り回るのをストップさせなくちゃいけなかったんだ。ノンストップで走りたかったんだけどエンジンから煙が出ちゃったらそれは出来ないよね。こっそりだけど僕は自分の事をスーパーヒーローなんじゃないかなって思ってるんだ...。自分がバットマンだとか言ってるんじゃなくて、誰もバットマンと僕が一緒の部屋にいるところを見たことがないだろって言ってるんだよ」とコメントを添えている。

そんなニックは以前、自己免疫疾患が自分をより頑張らせるのだとも語っており「これは一つの例だけど、僕が初めて病気を患った時も僕はクルーにカメラを止めないでと言ったんだ。そして『エヌクレディブル・ヘルス・ハッスル』を作ってそのプロセスを追うことにしたんだよ。なぜなら僕は同じような病気、もしくは似たような状態を患っている人達に勇気を与えたかったんだ。病気になったとしても自分を止める必要はないんだよってね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop