カーラ・デルヴィーニュ、米朝番組インタビューで微妙な空気に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーラ・デルヴィーニュが主演映画『ペーパータウン』に関するインタビュー中に司会陣から「昼寝でもしたら」などと失礼な態度を取られたようだ。最近映画界への進出が目覚ましいモデルのカーラが同映画のプロモーションのためにアメリカの朝番組『グッド・デイ・サクラメント』に出演した際、司会陣がカーラに失礼な発言をしたことでその場に微妙な雰囲気が漂ったという。

インタビューが進むにつれて、さらに雰囲気は最悪となり、司会陣がカーラに苛立ったかどうかを質問した際には「苛立っていないわ。それはおそらくあなただけよ」とカーラは答えている。

それに対し司会陣は「あなたをもう行かせてあげる。それでどう?」と応え、1人の司会は「昼寝をしに行って、レッドブルでも飲んだらどうかな?」とカーラに言葉をあびせた。

そもそもこのインタビューの最初には、カーラが「カルラ」と誤った名前で紹介されていただけでなく、いくつかのプロジェクトに同時に取り組むのは大変かという的外れな質問まであびせられており、その質問にカーラは「どこからその質問がきたのかわからないわ」と答えていた。

その後も映画の中で演じたマーゴと共感するところがあるかと質問された際には、「いいえ。実は彼女が大嫌いなのよね」とカーラは冗談交じりの回答をしており、バラエティ誌によればそれに対し司会の1人が「6週間の仕事で500万ドル(約9億6500万円)を稼ぐんだから、『グッド・デイ・サクラメント』で活気ある感じで話すふりをしてもいいんじゃない」と言うなど、カメラが回っていない時でも司会陣がさらなる痛烈発言を繰り返していたそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop