ロッド・スチュワート、実は色盲だった

ロッド・スチュワートは色盲なのだそうだ。音楽人生を通して明るい色で派手な服に、水玉のスカーフを合わせた衣装で知られているロッドだが、青、黄色、赤、緑などと特定の色を見分けるのが難しいためにそのような衣装の色使いになっているのだと娘のキンバリーが明らかにした。「そうね。パパは色盲なの。だからかなり明るい色を合わせて着ているのよ。私が育った家は明るいピンク色だったわ。普通ではなかったわね。誰かが家の前を車で通ったら『オーマイゴッド!』って感じよ。パパの今の家はオレンジと青なのよ。とってもインパクトがあるわよね。でも、パパは色以外のことは完全に的を得ているわ。彼がすること、今までにしてきたことでダメって言えることはないわ。だって、彼は自分のスタイルを築いて、リスクをとって、それってとてもすごいと思うのよ」

さらに、ロッドは色認識が難しいため、おしゃれで称賛されるべきでないとキンバリーは続ける。「パパは実際色を認識していないでしょ。だから、リスクをとっているって実際わかっていないようなものなのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop