クリス・パイン、『ワンダーウーマン』出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・パインが新作『ワンダーウーマン』へ出演することになった。同名DCコミックを原作とするこの新作映画でクリスはスティーブ・トレバー役として続編の可能性も含む出演契約を交わしたとザ・ラップは報じている。同作の内容については依然ベールに包まれているものの、クリス演じる役どころはガル・ガドット演じる主役のワンダーウーマンことダイアナ・プリンスと恋仲になる相手役で「アクションも満載」だという。

そんな中、ヒロインを演じるガルは2017年6月23日公開予定のこの作品が見る人全員を喜ばすものにはならないだろうと発言していた。「何をやろうと全ての人を満足させるのは無理よ」「人間っていつもどこか突っ込みどころを見つけてくるものだわ。でもそれでもかまわないの。だって私にとってはこれが仕事だし、キャリアであって、芸術なの」

そしてガルは自身の演技が人々の刺激になることを願っているそうだが、それも様々な要素が取り揃ってのことだと認識していると続けている。「私は自分がやること全てに真剣に取り組んでいるし、リサーチもして最大限を尽くすわ。私はとにかく輝いて人々を刺激する存在になりたいの」「それに私だけの話じゃないわ。脚本やストーリー演技とか全てよ。みんなが気に入ってくれることを願っているわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop