マライア・キャリーの絶縁状態の姉がマライアに助けを懇願

マライア・キャリーの姉が頭部のけがを理由に自身の意志に反して病院に監禁されていると訴えている。アリソン・キャリーは3か月前に起こった謎の人物による自宅襲撃事件で頭部に重傷を負って以来、ニューヨーク内にある病院の精神病棟に入院している。売春婦として生計を立てていた過去を持ち、ヘロイン中毒とも言われるアリソンは、身元不明の強盗が自宅アパートから宝石を盗み、自身は殴打されて目が覚めると後頭部に3インチ(約7.6センチ)に渡る裂傷を負っていたほか、口にもけがを負っていたという。

RadarOnline.comによる独占インタビューでアリソンはこう語る。「この人物と車に乗った覚えはないの。それに自分の家に行った覚えもないわ。でも自宅にいてこの男が宝石を盗んでいたことは覚えているの」

4児の母でHIV患者でもあるアリソンは、それ以来自身の意志に反して精神病棟に入院させられているとして、そこから出してくれるように大スターの妹マライアに助けを訴えている。「私がここに3カ月もいる理由はないんだから、この病院から出してくれる弁護士が必要なの...お願いだからマライアに私をここから出してと伝えて!私にどんなことが起こったかは知っているはずよ!とにかく出たいの!」

現在オーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカー氏と交際中のマライアはアリソンと長年に渡って絶縁状態にあり、マライアの双子のこどもたちにも会うことを許されていない。アリソンがこの施設に収容されたのは今回が初めてではなく、2012年にも正式に患者として入院していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop