シャーリーズ・セロン、ショーン・ペンと再び対面する羽目に!

シャーリーズ・セロンとショーン・ペンが南アフリカで映画撮影のために再び顔をあわせことになったようだ。1年半の交際を経て6週間前に破局した2人は、ショーンが監督を務めるシャーリーズ主演の新作映画『ザ・ラスト・フェイス』の取り直しのために現場に集まることになったのだという。その現場には2人とも無表情で現れたそうで、撮影現場で密に話し合いをしなければならない場面でも2人の間には確執が見え隠れしていたそうだ。

そんなシャーリーズは破局以前「撮影現場でショーンはパートナーである一方で、彼は私の人生にとって愛する人でもあるの。だから初めて私のプライベートな生活の中にかなり仕事が入り込んできているような気がして辛かったわ。彼に対して信じられないほど不公平に振舞ったことも何度かあったの。彼も私に対して驚くほど不公平に接していると感じた時もあったわ。でもどんなに複雑なことでもそんなことは関係ないの、優先させるべきなのは2人の関係なんだって気づかされたのよ」と同作品の撮影現場でショーンと働くのはとても大変なことだと語っていた。

今年5月に開催されたカンヌ国際映画祭で一緒に姿を見せたのを最後に、2人はその後すぐに破局したと見られている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop