カイザー・チーフス、ライブでザ・フーのカバー曲を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイザー・チーフスが29日(水)にロンドンで行われたギグでザ・フーのヒット曲『ピンボールの魔術師』をカバーした。同市内の歴史ある建物ワン・メイフェアーでわずか400人の観衆を前に行われたこのライブの中盤でカイザー・チーフスはこのエネルギッシュな楽曲を披露した。マスターカード社のプライスレス・サプライズ・キャンペーンの一環として行われたこのギグでは、他にも『ルビー』『エヴリデイ・アイ・ラヴ・ユー・レス・アンド・レス』『カミング・ホーム』など同バンドのヒット曲のほか、最新アルバム『エデュケーション、エデュケーション、エデュケーション&ウォー』からの『ラフィアンズ・オン・パレード』や『ミザリー・カンパニー』などで観衆を楽しませた。

全14曲におよぶセットはヒット曲『オー・マイ・ゴッド』の特別バージョンで終わりを迎え、観客と共にセルフィーを撮影してステージの幕を閉じた。

プライスレス・サプライズ・キャンペーンではほかにもアッシャーやメアリー・J. ブライジ、パロマ・フェイスなど人気アーティスト達がファンを驚かし、音楽を身近に感じてもらうことに一役買っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop