シャーリーズ・セロン、2人目の養子を迎える!

シャーリーズ・セロン(39)が2人目の養子を迎え入れたと報じられている。ゴシップサイトTMZによると、シャーリーズはアメリカ生まれのアフリカ系アメリカ人のオーガストちゃんという女児を養子として迎えたのだという。2012年にも南アフリカからジャクソン君を養子として迎えていたシャーリーズは今回、女児の養子を希望していたそうで、養子縁組の審査などに6か月を経て、先月2人目の養子の母親となったようだ。今週40歳の誕生日を迎えるシャーリーズは現在、ジャクソン君(3)と共にロサンゼルスに暮らしている。

今年の5月、シャーリーズはもっと子どもを持ちたいという意向は認めていたものの、再び養子縁組の予定があることは少しも触れておらず、「子どもはもっと欲しいわね。私は自分の人生に対してとてもオープンなの。『子供は一人で十分だわ』なんて思ったことはないし、私はいつも起こることを受け入れるタイプなのよ」と話していた。

しかしそんな中、シャーリーズは先日2014年より交際してきたショーン・ペンと破局を迎えており、その件についてある関係者は「シャーリーズはショーンと話すつもりはありません。彼女は連絡を取るのを止めたんです。2人は完全に終わりですよ」「2人の関係はとても気まぐれでした。お互いに激しい性格ですし、相手をコントロールしようとするタイプなんです。ショーンはタフな男ですし、シャーリーズは楽な女性ではありませんからね」と話す。さらに別の関係者も「突然2人の関係は終わってしまいました。嫌いなことをされると、シャーリーズは許すことが出来ない人なんですよ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop