ナオミ・キャンベル、執行猶予付きの禁固6カ月の判決

ナオミ・キャンベル(45)がパパラッチへの暴行罪により執行猶予付き禁固6カ月の判決を下された。ナオミは2009年8月にナオミと当時の恋人であったロシア人の富豪ウラジミール・ドローニンとの写真を撮られたことでパパラッチのガエタノ・ディ・ジョヴァンニの目を引っ掻いた件について、伊シチリアの裁判所から有罪判決を下されたという。

E!ニュースは、ナオミの担当弁護士グイド・カルド・アレヴァ氏が「2009年の事件に関する判決について上訴するつもりです。現在も進行中の法的案件ですので、現時点ではこれ以上のコメントは控えさせていただきます」と声明を出したとして、今後ナオミが上訴する構えであると報じている。

事件当時、ナオミはこのカメラマンを自身のバッグで殴りつけ、目を引っ掻いたとされている。パパラッチ本人とは示談に取り付け、訴えを取り下げるに至っていたものの、検察側はこの告訴の深刻さにより世間からの関心度が高かったとしてこの審問を続行するように命じたとイタリアの通信社ANSAは報じている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop