カイリー・ミノーグ、47歳で下着モデルを務める自分に驚き

カイリー・ミノーグは47歳になっても下着モデルをしている自分に驚いているという。昨年9月に下着メーカーのスロギーのアンバサダーに就任したカイリーは、自身の年齢でこの役目を果たしていることを喜んでおり、「私ったら下着の撮影をまだこなしているんだから、驚きよね。でも、実際に起こっただけの話で、私が無理やりさせたわけではないのよ。私はただ流れにのっているだけなの」「私にとって大事なのはそのスタイルよ。何かをする時の特定のやり方があるでしょ。だから私がそう出来ていない時よりも上手く出来ていることのほうが多いことを願うわ」とコメントしている。

さらに、ポップ界のアイコンとして君臨する56歳になるマドンナと自身との間に共通点を見出しているとカイリーは続けた。「私とマドンナとの間には共通点があるわね。友人たちが何歳かなんて、もはや気にしてもいないわ。それって年齢で判断できない時期にきているっていうサインね。私や私の世代にとってそれは確実よ。そうは言ったけど、『勘弁してよ、私ったらまた下着姿になるわけじゃないわよね』ってジョークを私が一番最初に飛ばしちゃうんだけどね」

さらに、カイリーはスロギーの「エヴァーニュー」コレクションでモデルをすることをとても楽しんでいるようで、もっとファッションの仕事にスケジュールを割きたいと思っているとザ・デイリー・スター紙に話す。「大好きよ!スタイルも色も完璧。肌触りがなめらかで、着心地もいいしね」「今年はもっとこういうことに時間を割きたいわ。ちょっと違う何かをする時間が欲しいわね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop