ニール・ヤング、メリル・ストリープにギターレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニール・ヤングがメリル・ストリープにギターの弾き方を教えたそうだ。45分間のミーティングの際にいかにニールがギターの弾き方のコツを教えてくれたかをメリルは明かしており、当時の状況を「彼はいくつかのアドバイスをくれたのよ。彼はアンプやコードを見て『なんだこれ!?』って言ってたわ」「それで11まで上げろって言ったの。でっかくしなきゃだめだってね」と語った。

そんな2人はメリルがミュージシャン役を演じた新作『リッキー&ザ・フラッシュ』のジョナサン・デミ監督に紹介されたのがきっかけでこのミーティングが実現したのだそうで、『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジミー・ファロン』に出演した際メリルは「私はギターの弾き方なんて知らなかったの。長年歌は歌っていたけど、ロックンロールって感じではなかったし、そんなこと頼まれたこともなかったしね。それでこの映画に出るって決めてから初めてギターのレッスンを受けたのよ」「それでジョナサンが『ちょっとおいでよ、ニールが君に会いたいって言ってるし、もしかしたらちょっとギターを教えてもらえるかもしれないよ』って言ってきたの。だから私の初めてレッスンはニールとの45分間だったってわけ。彼は素晴らしい人よ」と説明していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop