アナケンドリック、友人の結婚式で豪華な演出

アナケンドリックが幼馴染である花嫁に豪華なダイヤモンドジュエリーを用意する演出をした。2日(日)にメイン州で開かれた幼馴染の結婚式でブライドメイドを務めたアナは、友人にとっての特別な日をさらに貴重なものにするために、ロサンゼルスを拠点とする宝石店ハリー・コトラーから豪華なダイヤモンドのアクセサリーをレンタルし、当日朝にサプライズで用意する演出をほどこしたのだという。ずっとハワイで新作映画『マイク・アンド・デイヴ・ニード・ウェディング・デイツ』の撮影に臨んでいたアナは、結婚式の2日前にアメリカ本土に帰るという多忙なスケジュールのために、結婚前に行う花嫁付添い人としての伝統的な役目を果せなかったこともあり、大切な友人にこの豪華なジュエリーを用意したようだ。ある関係者はUsウィークリー誌に「アナは休みなしで働き、彼女がやりたかった伝統的な役目を全て果すことができなかったことを心苦しく感じていました。その埋め合わせにアナはその友人に結婚式をさらに特別なものに感じて欲しかっただけなのです」と話す。

現在29歳のアナ自身は映画カメラマンのベン・リチャードソンと交際中だが、「私の両親は遅い結婚だったの。だから、みんなは30代になるまで結婚は考えないものだと思っていたの。24歳とかで友人たちが結婚し始めたとき、『なんで?どうしちゃったの?グリーンカードでも必要なわけ?何が起こっているの?』ってとても混乱してたわ」と以前話していたことから、まだ結婚するつもりはないようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop