エミネム、薬物中毒で体重が激増!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エミネムは処方薬中毒のせいで胃に穴が空いてしまっていたという。問題が最も深刻化していた際には230ポンド(約104キロ)まで体重が増加していたというエミネムは、バイコディンやバリウムのような薬物による胃の不快感を収めようとしたことがその激増の原因だったのだそうだ。「2007年に薬を過剰摂取して病院に行ったことがあったんだ。その時は体重が230ポンド近くだったね。なんでそんなに太ったのかよく分からないんだけど、見当はついているんだ」「俺が長年飲んでたバイコディンとバリウムのせいで胃に穴が空いちゃったから、胃痛を収めるために常に何かしら食べていて、しかも体に良くないものばかり食べていたんだよ」

リハビリ施設から退院した後、エミネムはエクササイズをすることで問題を解決しようとしたが、今度は走ることにハマってしまったのだとメンズ・ジャーナル誌の9月号に話している。「リハビリ施設を出た後、体重を減らさなくちゃいけなかったし、しらふで生きていく方法をみつける必要があったんだ」「めちゃくちゃ飛び回ってでもいない限り、不眠症に悩まされていたんだ。だから走り始めたんだよ。それが自然に幸福ホルモンを高めてくれただけでなく、睡眠にも役立ったからばっちりだったんだよ」「中毒をエクササイズに置き換えることってすごく理解できることだよ。同じ中毒だけど、片方は健康的なんだ。俺はハマりやすい頭をもっているから、それがランとなるとちょっとやり過ぎることもあるんだけどね」「ハムスターかよ、ってくらいに走っちゃうんだ。トレッドミルで1日17マイル(約27キロ)くらい走るんだ。朝起きたらスタジオ入りする前に1時間で8.5マイル(約14キロ)走るんだ。それで家に帰ってきたらまた残りの8.5マイルを走るって感じさ。カロリーにもかなり固執するようになって、毎日2000カロリーは消費するようにしているんだ。それで最終的には149ポンド(約68キロ)減量したよ」「でもあまりにも走り過ぎて体に支障が出始めたんだ。ランニングからの頻繁な衝撃で股関節屈筋を痛めちゃったんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop