ベネディクト・カンバーバッチ、舞台『ハムレット』観客に忠告

ベネディクト・カンバーバッチが8日(土)、主演舞台『ハムレット』の上演中に演技が困難になったことを受け、観客たちにステージでの自分を撮影しないように呼びかけた。ロンドンのウエスト・エンドでシェイクスピアのこの名作に出演中のベネディクトだが、その中での有名なセリフ「トゥ・ビー・オア・ノット・トゥ・ビー」を言っている途中で観客からフラッシュが浴びせられたため、演技を一時中断する事態になったという。上演後、ベネディクトはバービカン・シアター外で出待ちしていたファン達に「カメラが見えたし、観客席から(撮影中に光る)赤いライトも見えたよ...それで今夜はやり直すことになったんだ。右手の3列目の席に赤い光が見えたけど、すごく悔しさを感じているよ」「ああいう経験することほど、ステージに立っている僕に非協力的なことはないんだ。それに記憶に残るライブのパフォーマンスを届けようと思っているのに、それが出来なくなってしまうからね」と、今後撮影しないように訴えた。

また、今後は上演中に撮影機器を使用した場合、プロデューサー陣が厳しく取り締まるつもりであると忠告しており、生の自分に会うことに集中するようにソーシャルメディア上で広めてほしいとファン達に呼びかけた。「誰かを非難しているんではなく、世間に広めてほしいとお願いしているだけです」とベネディクトは続けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop