マーヴィン・ゲイの息子が『Empire 成功の代償』を提訴?

マーヴィン・ゲイの息子が人気ドラマ『Empire 成功の代償』に対して訴訟を起こす構えのようだ。マーヴィン・ゲイ3世は同番組のアイデアが自身の物であったとして、クリエイターであるリー・ダニエルズとフォックス局を訴えるつもりだとTMZが報じている。

マーヴィンは2010年に全米脚本家組合と共に『ゾーズ・サンズ・オブ・リッチズ!』としても知られる『ダイアモンズ&バラーズ』という番組のトリートメントを登録していたそうで、その番組は「『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』の要素も取り入れた音楽業界を舞台にした『黒人』と『ヒップ』版『ダイナスティ』」だと打ち出していたという。テレビ局上層部にこの提案を投げかけていた際、マーヴィンはこのストーリーが大まかに自身の家族やモータウンのプロデューサー、ベリー・ゴーディやその愛する人たちを基にしたものだと話していたそうで、この提案をした人々の中にはダニエルズの関係者もいたそうだ。そしてマーヴィンはこの番組のヒット後、ダニエルズが『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』と比較される点について昨年「僕は黒人版『ダイナスティ』を作りたかったんだ」とコメントしていたことでさりげなくこのアイデアが盗作であったことを認めたと考えているようだ。

このため、マーヴィンは特定されていない金額を求めて訴訟を起こすつもりだという。

ゲイ一族は以前、ロビン・シックとファレル・ウィリアムスを相手に『ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪』が著作権侵害だとして訴訟を起こした際、マーヴィンの1977年のヒット曲『ガット・トゥ・ギヴ・イット・アップ』と顕著な類似点があると裁判官が認めたことで勝訴となり、ロビンとファレルから730万ドル(9億1000万円)の賠償金を受け取っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop