オルセン姉妹、インターンから訴えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メアリー=ケイトとアシュレー・オルセン姉妹が複数のインターンから「賃金不払い」を巡って訴えられている。オルセン姉妹が運営するデュアルスター社のインターンたちが、労働への対価が支払われていないとして姉妹に対し米マンハッタン最高裁判所に訴えを起こしたとニューヨーク・ポスト紙が報じている。

元デザイン・インターンをしていた原告側代表のシャヒスタ・ララニさんは、ザ・ロウのオフィスでオルセン姉妹は良い印象であったものの、自身が2012年にインターンをしていた際の直属のヘッド・テクニカル・デザイナーによって過度に働かされたと主張している。「メアリー=ケイトとアシュレーは本当に素敵な人たちでした。誰に対しても意地悪だったことはなかったです。彼女たちは経営者らしい振る舞いでした」「(ですが、ヘッド・テクニカル・デザイナーは)とても要求が多かったんです。私は3人のインターン分の仕事をしていました。一日中、一晩中彼女と話していました。翌日のために例えば夜10時にメールをしていたくらいです」

集団代表訴訟というかたちをとる本件には、推定約40人の現役と元インターンが名を連ねる可能性があるという。

インターンをしていた当時ララニさんは週50時間もの労働を強いられ、「スプレッドシートへのデータ入力、テクニカル書類の作成、社員たちの個人的な雑用係、生地の整理、コピー、裁縫、パターン裁断、その他の関連する仕事」の責任が課されていたと裁判書類には記されている。ララニさんはさらに「我々が何もしていなかった際には、『裏にあるボタンをカラーコードの順に並べて』という感じで、15分の休みさえありませんでした」「給与がないということを除いては、社員のようでした。ある意味意地悪でした。他のインターンは泣いていました。コーヒーを用意したり、コピーをしながら泣いている子をたくさん見ました」と主張を続けている。

デュアルスターの広報担当は、同社がこの裁判を認識していなかったとニューヨーク・ポスト紙にコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop