アレキサンダー・マックイーンの回顧展、入場者数過去最高!

ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されているアレキサンダー・マックイーンの回顧展の入場者数が同館史上最高を記録した。展示期間を延長するほどの人気を博し、21週間の展示を今月2日(日)に終了した『アレキサンダー・マックイーン:サヴェージ・ビューティー』には、49万3043人が訪れ有料の展覧会としては同館史最高の動員数となった。

マーティン・ロス館長は以前同展覧会のことを「我々が経験したことのない最も予想できない、ドラマティックで、劇的な展覧会」だったと称していた。「『サヴェージ・ビューティー』が非常に人気を博すことは分かっていましたが、実際の反応はその予想をはるかに上回るものでした。これは類まれな展覧会です」さらに、さらなる需要に応えるために博物館を24時間オープンさせることになった際には、「この展覧会は他の場所へ巡回しませんので、2週末の夜間を通して開館することにより、より多くの方々に鑑賞の機会を提供したいと考えています。24時間ヴィクトリア&アルバート博物館がオープンすることは初めての試みとなり、このイベントがベッドに入らずに訪れる価値のある内容であると確信しています」とロス館長はコメントしていた。

2011年5月にニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュートにて初開催となったこの回顧展は、開催2ヵ月前に入場券の事前販売でもヴィクトリア・アンド・アルバート博物館史上最高売上の記録をたたき出し、さらなる5万枚のチケットの発行が決まっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop