『アーティスト』などで知られる名犬アギーが死去

『アーティスト』や『恋人たちのパレード』で知られるハリウッドの名犬アギーが死去した。アギーは7日(金)、ロサンゼルス内で前立腺腫瘍が発見されたために13歳で眠りにつかされたという。アギーはアカデミー賞受賞作『アーティスト』でジャン・デュジャルダン演じる主役ジョージ・ヴァレンティンの相棒役として一躍有名になった後、『恋人たちのパレード』やコマーシャルなどでの活躍が称賛され、ハリウッド界の犬の俳優たちの知名度を上げることに大きく貢献した。

犬の収容所に送られるところだったジャック・ラッセル・テリア種のアギーを引き取って飼い始めたオマー・フォン・ミュラー氏は、アギーを安楽死させることはとても困難な決断だったと明かしている。2012年のアカデミー賞を最後にアギーが引退した際、ミュラー氏は「みんな私が優秀な訓練士だと思うみたいですが、そうではないんです。あの子がただ素晴らしい犬なだけなんですよ」と語り、アギーが天性の才能を持ち合わせているとしていた。

残念ながらアカデミー賞の対象には入らなかったアギーだったが、2011年のカンヌ国際映画祭ではパルムドッグ賞を受賞しており、2012年にはアメリカとイギリス、フランスで回顧録『アギー:マイ・ストーリー』が出版された。

セカンドトレーナーを務めたサラ・クリフォードはアギーが「完璧なテリア犬」だとして「彼のことは今後も心に留めていきますし、彼のチキンとホットドッグに対する無限大の愛は忘れることはありません」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop