アリエル・ウィンター、胸の縮小手術を受けていた!

アリエル・ウィンター(17)が胸の縮小手術を受けたことを明かした。2012年10月、虐待の申し立てにより、母クリスタル・ワークマンの自宅から救出され今年5月、裁判所により実の両親の制御から解放を認められた『モダン・ファミリー』でお馴染みのアリエルは、今年6月に32Fの胸を34Dへとサイズダウンする手術を受けたことに明かし「遂に心地よくなって最高の気分よ。これぞまさに私のあるべき姿だったの」「だんだんと胸が痛くなり始めて、もう我慢できなかったの。首にもひどく痛みを感じていたし、脊椎にもいくつか問題を抱えていたの」とGlamour.com話す。

さらにアリエルは胸の大きさのおかげでレットカーペットを歩くようなイベントに参加する際のドレス選びに苦労していたことも明かしており「私が着ることの出来る、私の年齢に合ったドレスなんてごくわずかだったわ。だから私はすっごくキツイドレスを着なければならなかったの、そうしないと見た目が悪かったからよ」「10代なのにすでにひやかしの対象になるようなものを持っていて、さらにそれが大きくなる一方だっていうのはすごく辛いことよ。私たちってどこで何をしようともひやかされる時代と年代に生きているでしょ。インターネットのいじめなんてもう最悪ね。もし私がいい気分でネットに投稿した写真でも、500人の人がどれだけ私が太っていて気持ち悪い奴かっていうコメントを書き込むのよ」と語る。

とはいうものの、自分の体型に自信を持ち続けているというアリエルは「私はいつも肉付きのよい体型の女の子なの。いつもね。それに私はこの体型でいることを楽しんでいるのよ」と話しており、アリエルの女性共演者たちもこの手術に対してポジティブな反応をしてくれていると話す。「ジュリー・ボーウェンだけには手術を受けたいっていう私の願望についても話していたの。彼女はとても協力的で理解を示してくれたわ。つい先日ソフィア(ベルガラ)に会った時に彼女も『わあ!あなたの胸、大好きよ!とってもいいわ!』って言ってくれたわ」「みんな私のことをとても喜んでくれていて、とても応援してくれるのよ。長い間私が苦しんでいたことを理解してくれているの」

その一方で実母クリスタルとは「彼女と私は話さないわ」と今でも確執を抱えていることを認めていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop