ビリー・ジョエルに女児が誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビリー・ジョエル(66)に第2子となる女児が誕生した。現地時間12日(水)午前2時40分頃、元妻クリスティ・ブリンクリーとの間にすでに29歳となる娘アレクサ・レイ・ジョエルを持つビリーと妻アレクシス(33)との間にデラ・ローズちゃんが誕生した。

ビリーの代理人は赤ちゃんの名前を公表し、PEOPLE.comに体重が7ポンド6.5オンス(約3359グラム)で生まれたことを明らかにした。2009年から交際をスタートさせた2人は、先月家族と友人が集まる毎年恒例のパーティーの席でサプライズの結婚式を挙げていた。モーガン・スタンレーの元重役であったアレクシスは4月に妊娠していることを公表し、その直後には関係者の1人が「ビリーはまた父親になることを楽しみにしています」とコメントしていた。

ビリーはほかにも撮影セットのデザイナーであるエリザベス・ウェーバーと1982年までの9年間、セレブシェフのケイティ・リー(33)と2011年までの7年間の結婚歴がある。ケイティはビリーとアレクシスの間に赤ちゃんが誕生ニュースについて祝福すると以前話していた。「2人のことを本当に嬉しく思うわ。ビリーは素晴らしい人よ。この世界の全ての幸せを受けるべき人だし、素晴らしい父親でもあるわ。だから、とてもとても嬉しい」「ビリーはいつだって私の人生の中にいるし、彼はただ最高だと思うの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop