ケイト・モス、復縁をかけてアメリカへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイト・モス(41)が結婚生活を修復すべくアメリカへ飛んだといわれている。先月にザ・キルズのギタリストの夫ジェイミー・ヒンスとの4年間の結婚生活に破局を迎えたケイトは、その仲を修復しようとジェイミーの全米ツアーの中休みにアメリカへと渡ったようだ。

関係者の1人は「すべてが終わったのかどうかを確かめるために、2人は会うみたいです。2人はまだお互いのことを気遣っていますよ。電話も数回したみたいです」「ケイトはまだ結婚指輪をはめていますし、来月にツアーが再開する前にジェイミーになんとか会いたいようです」「彼女は終わりにしたくないようで、ジェイミーもまだケイトのことを気にしています。ジェイミーは2人が解決することが沢山あるのをわかっています」と明かす。

ジェイミーとの関係にヒビが入ってからというもの、ケイトは12歳になる娘ももうけた元恋人ジェファーソン・ハックと一緒にナイアガラの滝に休暇に行ったりとジェファーソンに慰めを求めていた。

ケイト自身もジェイミーとの関係がうまくいっていないことがわかっているものの、元恋人たちと同様に少なくとも友好的な関係を保ちたいと願っているようだ。前述の関係者はデイリー・ミラー紙に「ケイトとジェファーソンはお互い沢山のことを見てきましたのでジェファーソンがケイトをずっとおとなしくさせています」「外でパーティーに行くのも控えめになりましたし、ジェイミーともう一度やり直せるのかどうかを本当に確かめたいみたいです」「2人ともがうまくいかないと結論をだした場合、ケイトは友人として関係を続けたいのです」「ケイトとジェファーソンは友好的になれましたから、ケイトはジェイミーともそれができるはずだと思っているようですね」と語る。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop