ハリソン・フォード、3月の墜落事故後も飛行を続行

ハリソン・フォード(72)は3月に起きた飛行機事故後もまだ飛行を続けているそうだ。エンジン系統の故障によりロサンゼルス内のゴルフコースに不時着を強いられ、入院までしていたハリソンだが、妻キャリスタ・フロックハートはまだ趣味の飛行を続けていることを明かした。キャリスタは難しい心境ながらもハリソンが愛することを続ける決断を100パーセント支持していると語っている。「彼は飛ぶことが大好きだから私もそれが大好きだし、彼を100パーセント支持するわ」

そう話すキャリスタだが、墜落した際にはハリソンの計5人の子供たちともども、とても恐ろしい時期だったとピープル誌に明かしている。「すごく辛かったし、家族みんなにとって怖かった時期でもあったわ。人生は一転するもんなんだってことを改めて気づかされたと思うの。何が起こるか分からないから私たちはこの一瞬一瞬に感謝すべきなのよね」

しかし、事故後もキャリスタはハリソンの操縦する飛行機に同乗しているそうで「私は操縦しないけどね。私は飛行機の乗客なの」と語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop