サルマ・ハエック、接近禁止命令を獲得!

サルマ・ハエックが2人の女性ファンに対して接近禁止命令を獲得した。サルマの7歳の娘を誘拐し、身代金を奪うと脅したリアナ・フィリッポンとオデット・ボダーに対し14日(金)、ロサンゼルスの裁判所から一時的な接近禁止命令が下されたようだ。

裁判官に対しサルマは、今回この判決を受けた一人がEメールで「あなたの娘がどこにいるのかなんて知っているわ。彼女の命はいくら分に相当すると思う?」と脅してきたと訴えたという。

さらにこの2人の女性はロサンゼルス付近でサルマになりすましたり、サルマやその家族に幾度となく連絡を取ろうとしていたことなどがゴシップウェブサイトTMZ.comの入手した法的書類から明らかになっている。

今回の判決ではフィリッポンとボダーに対し、サルマ、サルマの夫でフランス人実業家のフランソワ=アンリ・ピノー、そして2人の娘の100ヤード(約91メートル)以内に接近することが禁止されたほか、3人と会話をすること、サルマになりすますことを禁じる判決が言い渡されたという。

来月4日に行われる審問で、サルマは2人に対して永続的な接近禁止命令の獲得を求めるとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop