モーガン・フリーマン、義理の孫が殺害される

モーガン・フリーマン(78)の義理の孫娘エデナ・ハインズ(33)が16日(日)早朝、ニューヨーク市内にある自宅外で刺殺されているのが発見された。モーガンの最初の妻ジャネット・アデア・ブラッドショーの孫娘であるエデナは複数回に渡って刺された状態で発見され、市内のハーレム総合病院に運ばれたものの、死亡が確認された。ニューヨーク警察は現場にいた30歳の男性を拘束したと発表している。

モーガンはこの事件を受け、GossipCop.comに「世界は彼女の芸術性と才能、そして彼女の生み出すものをもう知ることはありません。彼女の友人と家族は幸運にも彼女がどんなに意味のある人間であったかを知ることが出来ました。彼女の星はこれからも私たちの心の中に輝き続けることでしょう。安らかにお眠りください」とコメントを出している。

2012年にはモーガンとエデナが10年間に渡って交際しているという噂が浮上し、モーガンがそれを否定する状況に陥ったことがあった。当時モーガンは「私が誰かと結婚の予定があるまたは交際中であるという最近の報道は事実無根です」とコメントしており、エデナもまた「私と祖父についての話は事実でないというだけでなく、私とその家族を傷つけるものでもあります」と話していた。

モーガンはエデナの祖母ジャネットと1979年に離婚しており、その後1984年にミルナ・コリー=リーと再婚したものの、2010年に破局している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop