ジャックÜ、 アーケード・ファイアとコラボしたアルバムをリリース?

スクリレックスとディプロが組んだユニットであるジャックÜが、アルバムをリリースできるほどの数の曲をアーケード・ファイアとレコーディングしたようだ。

2人は7月にカナダでツアー中にウィン・バトラーとその妻でありグループメンバーでもあるレジーヌ・サシャーニュと共にスタジオ入りを果たし、元々は曲作りを共にする予定ではなかったものの、その短いセッションの中でLPを作れるほどの曲が出来たことを明らかにした。スクリレックスは「45分間、ライブで楽器を鳴らしてセッションしたんだけなんだけど、アルバムになるくらいの曲はできたんじゃないかな」と明かす。

それに反してディプロは20分だけ一緒に演奏したと発言しているものの、そのレコーディングした音源を編集していると発言したことから、そのときできた曲がリリースされる可能性もありそうだ。「俺とスクリレックスは最近カナダでツアーをしたんだ」「モントリオールに行って、アーケード・ファイアと1日過ごしたんだよ。そこに友人もいたから、『君らに会いに行くよ』って言ったんだ。彼の車庫にいって、文字通り20分だけ演奏したんだ。みんなそれぞれ楽器を持ってね。そのときの音源を持っているし、この繋がった曲を短い作品に編集する作業をしているんだ」

さらにディプロは、PBSのチャーリー・ローズのインタビュー番組の出演時に「多分、リードシンガーのウィンと多分スクリレックスも一緒にモントリオールに戻ってヴォーカルのレコーディングをするかもね」とヴォーカル入りの曲に仕上がる可能性もほのめかした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop