ウィル・アイ・アムが新曲に着手

ウィル・アイ・アムが新曲に取り掛かっているようだ。ウィルは次回作に向けて音楽界で「一番ホット」なスター達と一緒にレコーディングするために、先週末ロサンゼルスに向かったという。ある関係者はデイリー・ミラー紙に「ウィルは新曲を作ろうとしています。そこでは業界で一番ホットな作曲家やアーティスト達とコラボをしたいんです」と明かす。

2年前にリリースしたウィルの4作目のソロアルバム『#ウィルパワー』では『スクリーム・アンド・シャウト』にブリトニー・スピアーズ、『#ザットパワー』にジャスティン・ビーバーと大物スターを起用していたウィルだが、最近ではファーギーを抜かしたブラック・アイド・ピーズのメンバーとの活動の方に力を入れてきており、グループ結成20周年を記念して今年になって『オウサム』『イエスタデイ』の2曲を披露していた。

しかしウィルは現在、自身が審査員を務めるBBCの音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』の新シリーズが始まる前にソロでの音楽活動に集中するつもりのようだ。前述の関係者は「『ザ・ヴォイス』のメンターという役どころはとても楽しんでいますが、自分のパフォーマンスをするのとは比較になりませんからね」「今はアイデアがあふれ出ているようですよ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop