ビートルズが初めて結んだレコード契約書、オークションに出品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビートルズが初めて結んだレコード契約書がオークションに出品されている。2010年に他界したビートルズ専門の歴史家であった故ウーべ・ブラシケ氏の遺産管理団体によって出品されたこの書類は、来月19日にニューヨークのヘリテイジ・オークションズで競売に掛けられる予定であり、15万ドル(約1800万円)で落札されると見込まれている。

6ページにわたるこの契約書はポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンに加え、当時のドラムであるピート・ベストのメンバーがドイツのハンブルグでサインを交わしたものだ。同地でシングル曲『マイ・ボニー』を制作したビートルズは、結局その曲でヒットを飛ばすことはなかったが、このドイツでの活動が翌年のEMIとの契約へのきっかけとなったのだ。

ビートルズ専門家のウルフ・クルーガーは「ほとんどの人がビートルズがドイツで彼らのキャリアをスタートさせたことを知りません」「ビートルズは最も長期間ハンブルグにあるトップ・テン・クラブでパフォーマンスしていました。3か月間毎日のようにパフォーマンスしていました。グループがリヴァプールで確立したスタイルをハンブルグで発展させたのです」と説明する。

さらに、ヘリテイジ・オークションの音楽アイテム部門委託販売ディレクターのディーン氏は「この契約がなかったら、すべての作品が生まれていなかったでしょう」とコメントし、この契約書の貴重さを強調する。

その他にも推定1万2000ドル(約 149円)とされる1965年に『ヘルプ!』のPV撮影期間中にビートルズがサインしたスイスのレストランのメニューや、落札価格が1万ドル(約124万円)になるとみられているピートに代わってリンゴ・スターが初めて参加した1962年のレコード『ラブ・ミー・ドゥ』などがビートルズにゆかりのある品として出品されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop