1Dのリアム・ペイン、同性愛者差別的なコメントを謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのリアム・ペインが「同性愛嫌悪」と受け取られた自身の発言を謝罪した。JustJaredによれば、最近に行われたコンサートで曲を紹介する際にリアムは「前作のアルバムの中でこれは俺のお気に入りの曲なんだ。ここにいるみんなはほとんど女の子たちばかりだから分からないと思うけど、人生で一番の女性を見つけようとすることを歌った歌なんだ。ここにいる男たちは俺が何を言いたいか分かってくれるだろ」というコメントをしたそうで、一部のファンから同性愛嫌悪として非難を受けていた。これに対しリアムは「最近では文字通りが全て受け取られるからもう何も言わないことにするよ。みんなは分かってくれてると思うけど、俺は一般的な意味で言っただけだよ」「俺は全く同性愛嫌悪なんて全くないし、そんなことを言うつもりも一切ないよ。それに誰かを傷つけるようなことはしたくないってことを分かって欲しいな」「ショーでみんなを幸せにしようと必死に努力して、高音を出すこととかもう少し優しくしようとか考えているっていうのに、一部の人が俺の大好きな曲について何か文句をつけようとすることに集中するとせっかくの良い1日が台無しにされるからがっかりだよ」とツイートした。

さらにその後のメッセージでリアムは自分が正しい言い方をしなかったからといってそこまで侮辱的な発言をする必要はないと呼びかけている。「読めば読むほど馬鹿げていると思ってしまうよ。間違った言い方をしてしまったことってないのか?間違いなく誰でもしたことがあると思うけどな」「傷つけた人には心からお詫びするけど、俺はみんなを笑顔にしようとしているだけで、それは自分の仕事の1つだと考えているよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop