ケイティ・ペリーとディプロ、テイラー・スウィフト批判の曲でタッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイティ・ペリーとディプロがテイラー・スウィフト批判の楽曲のためにタッグを組んだ。過去には交際していたこともある2人は、同じく嫌悪しているテイラーを批判した『クロコダイル・ティアーズ』のレコーディングのためにスタジオ入りしたと言われている。ある関係者はザ・サン紙に「ケイティはディプロなら『クロコダイル・ティアーズ』をプロデュースしてくれるだろうと分かっていましたし、今はもう登録もしたんです」と話す。

この楽曲はかつてケイティを「直近の敵」と表現していたこともあるテイラーがケイティに向けて『バッド・ブラッド』をリリースしたことへの報復というかたちになるようだ。

ディプロもかつてテイラーへの嫌悪を明らかにしており、テイラーに「お尻」をあげようというキャンペーンまでしたこともあった。

テイラーとケイティはこれまで公に名指しで争いをしているわけではないが、その件についてほとんど口にすることのないケイティも自身の見解を明らかにする時が来たと感じているようだと前述の関係者は続ける。「ケイティはこれまでテイラーが公に口にしてきたことについて反応を抑えてきましたが、見せかけのことを歌ったこの曲を通じて自分の見解を表す準備が遂にできたんですよ」

この楽曲がケイティの2013年発表作『プリズム』以来となるニューアルバムに収録されるかは分かっていないものの、何らかのかたちでリリースするつもりのようだ。前述の関係者は「単独でリリースされるか、ケイティの4作目のアルバムに入るかはまだ分かりませんが、ケイティはファンに聞いてもらいたいと思っていますよ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop