パトリック・スチュワート、テイラー・スウィフトとアルバム制作?

パトリック・スチュワートがテイラー・スウィフトと音楽活動をするようだ。「X メン」シリーズのプロフェッサーX役などでおなじみのパトリックは自身初のポップアルバムとなる、テイラーのカバー曲集でテイラー本人とコラボを果たすようだ。テイラーのヒット曲を集めたこのアルバムに参加するだけでなくプロデュースも手掛ける方向のテイラーは、先月にパトリックとイアン・マッケランが自身の歌詞を使ってとても面白い朗読をしていたことでこの話を自ら持ちかけたのだという。

その朗読では映画界だけでなく舞台でも活躍するパトリックが『ブランク・スペース』のドラマチックに読み上げ、一方のイアンも『バッド・ブラッド』の歌詞を読み上げていた。パトリックはこの取り組みがとても気に入っていたようで、その直後にテイラーに仲間に入れてくれるようツイッターで呼びかけていた。「イアン・マッケランは『バッド・ブラッド』を朗読して、僕は『ブランク・スペース』を朗読したんだけど、僕達も仲間に入れてくれないかな?」というそのパトリックのツイートに対し、テイラは「イアン・マッケランとパトリック・スチュワート、私の歌詞を朗読してくれてありがとう!すごく幸せな気分にしてもらったわ」「あなた達2人は究極の軍団メンバーだわ」と返答していた。

その後パトリックは米テレビ番組『エンターテイメント・トゥナイト』に出演した際にテイラーのアルバム『1989』の収録曲である『スタイル』の劇的なバージョンの朗読を披露しており、その力が認められたことで実際にテイラーの楽曲に参加することになったのだという。とは言え、パトリックは実際の仕上がりが「馬鹿げたもの」になる可能性もあるとしているとデイリー・スター紙は報じている。

そんなパトリックだけでなく、最近ではライアン・アダムスもテイラーの『1989』のカバーアルバムを制作することを発表していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop