ミーガン・フォックスが離婚申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーガン・フォックスが5年間の結婚生活に終止符を打つべく、夫ブライアン・オースティン・グリーンとの離婚申請を行ったようだ。先週破局が報じられたミーガンとブライアンは2人の間にもうけた2歳と1歳の息子たちの共同親権を求めているという。

裁判所に提出された書類によるとミーガンはセレブ弁護士として知られるローラ・ワッサーを自身の代理人として雇っており、今回の離婚の原因はブライアンとの和解できない相異によるものとしているようだ。

さらに6か月前にはすでに破局していたと報道されていたものの、その法的書類には公式な破局日が2015年6月15日と記されているという。関係者らはゴシップサイトTMZ.comに対し、2004年から交際をはじめ2010年にハワイで挙式を挙げた2人は婚前契約を結んでおらず、資産は公平に折半になるだろうと話している。また、ミーガンの方がブライアンよりも収入が多いことやブライアンが健康面で問題を抱えていることから、ミーガンがブライアンに対し配偶者扶養費を支払うことで決着がつくのではないかと言われている。

そんな中、2人の友人の1人は「将来何が起きるか分かりませんよ。今、彼らは距離を置くことがベストだと決めましたけどね」とコメントしており、ミーガンとブライアンはお互いにまだ愛し合っているため将来的には寄りを戻す可能性もあると話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop