ジョニーデップの娘、LGBT支援プロジェクトのモデルへ

ジョニーデップの娘リリー・ローズ(16)が「セルフ・エヴィデント・トゥルース・プロジェクト」のモデルとして参加することになるようだ。写真家アイオ・ティレット・ライトは「自分のことを100パーセント異性愛者とみなしていないアメリカにいる1万人」の写真を撮るこのプロジェクトを展開しているが、今回その1人の被写体としてフランス人シンガーのヴァネッサ・パラディを母に持つリリー・ローズが参加することになったという。アイオはリリー・ローズの写真をインスタグラムに公開し、「僕のベビー、リリー・ローズをとても誇りに思うよ。彼女は自分がこの大きなくくりの中に属すると感じたから、セルフ・エヴィデント・プロジェクトに参加したいって決断したんだ。このファミリーの中に彼女を迎えるなんてこんなに嬉しいことはないよ。彼女はよい人類の小さな宝石だよ。おじさんとして誇りに思う」とキャプションを添えている。

リリー・ローズ、ジョニー、ヴァネッサは、モデルのカーラ・デルヴィーニュもすでに参加しているLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)を支援するキャンペーンにリリー・ローズが参加することについてまだコメントを出していない。

リリー・ローズに近い関係者は、リリー・ローズがジョニーは「過保護」であると考えているため、キャリアに対するアドバイスはヴァネッサに頼っていると話していた。「ヴァネッサはリリー・ローズのワイルドでアートな側面をさらに応援しています。リリーを気に入ってくれている大手映画会社もすでにあるんですよ」

最近ジョニーと共演した映画『ヨガ・ホーサーズ』の撮影を終えたリリー・ローズは、新作映画『プラネタリウム』への出演が決まっているだけでなく、来年はコメディ映画『ムース・ジョーズ』の撮影を控えており、着々と女優の道を進んでいる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop