カーダシアン一家、カイリー・ジェンナーの恋人タイガの新曲に激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーダシアン一家はカイリー・ジェンナー(18)の恋人タイガ(25)がリリースした新曲『スティミュレイテッド』が完全にカイリーを侮辱しているとして怒りをあらわにしているようだ。カイリーの両親であるケイトリンとクリス・ジェンナー、キム・カーダシアン・ウェストを含む姉妹達は、タイガがその曲の中でカイリーとのセックスについて描写していることに憤慨し、その歌詞が実に気分を害するものだと酷評しているという。

ある関係者は「カーダシアン一家がタイガがそこまでやってしまうとは信じられないほど今回のことは本当に最悪です。タイガはカイリーとのことは誰にも口にしてはいけないと知っているのに、彼女とのセックスについて曲を書いたんですよ。今回のことは本当に不快です!」と話す。

同曲の歌詞には「興奮しているよ。盛り上がっているんだ。侵入している。入れている。侵入している。大きくなってきた。彼女は感じている」「みんなは彼女がまだ若いって言う。待つべきだったと。彼女が感じているときは大人の女さ」という表現が含まれている。

最近はカイリーとカーダシアン一家と一緒にサン・バルテルミー島の休暇を過ごしていたタイガだが、今回のことで大きな信用を失ったと前述の関係者はゴシップサイトRadarOnline.comに続ける。「タイガはカイリーの姉妹や両親たちととてもよくやっていましたが、今回はカイリーを完全に侮辱していますので、大きな信用を失いましたね」

カイリーとタイガは以前交際を否定していたが、今月カイリーが18歳の誕生日を迎えたことでその交際をオープンにしていたばかりだった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop