不仲で知られるリンジー・ローハンの両親、揃って新テレビ番組出演へ

リンジー・ローハンの両親が新リアリティ番組に出演することになった。2007年に離婚を成立させてからというもの、養育費を巡ってバトルを繰り広げ、公の場で幾度となく争ってきたマイケル(55)とディナ(52)は、今回VH1による新番組『ファミリー・セラピー』に出演して2人の悪化した関係をネタに一稼ぎするつもりだと伝えられている。

ある関係者がザ・ハリウッド・リポーターに明かしたところによると、リンジーの両親は24日(月)からセラピストのジェン・マン医師と共に撮影に臨んでいるようだ。2人はリンジーをはじめとする計4人の子供たちとの幸せな家族環境を築くために、3週間にわたる家族に関する集中セラピーに挑むという。

ディナは結婚生活の中で自身に向けてマイケルがDV行為を行ったとしていたとし、リンジーの飲酒問題はマイケルさんに起因するものだと2年前に批判を展開していた。「リンジーは父親が私を乱暴に扱うのを見たのよ。だから、リンジーはあんなになったのよ。あの子は本当にクレイジーなことをたくさん目にしたからね。彼女の問題の根本にあるものを皆さんにも知ってもらいたいの」

『カップル・セラピー』のスピンオフ版となる2016年から放映が始まる予定の同番組には、リンジーの両親のほかにもロッカフェラ・レコードのデイモン・ダッシュとその兄弟たち、プロのスケーター選手バム・マージェラとその母親、さらには米リアリティ番組『ティーン・マム』でお馴染みのブリアナ・デゼズスとその姉妹も登場する。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop